自動車の名義変更手続き方法

ステップ6〜必要書類の確認・陸運局へLet's Go! トップページ
名義変更手続きは、ここまで書類がそれろえば、あとは陸運局へLet's Go!です。
しかし、その前に忘れ物がないようにしっかり書類をチェックしておきましょう。

車庫証明
車庫証明


印鑑証明書
印鑑証明書


譲渡証明書
譲渡証明書


委任状
委任状


車検証(自動車検査証)
自動車検査証


自賠責保険証
自動車損害賠償責任保険証明書


納税証明書
自動車税納税証明書


 

上記の書類がすべてそろっていればOKです。
 念のために実印をもって行くと尚よいです。ちょっとでも記入ミスがあると訂正印が必要になってくるためです。あとは、陸運局へ行っての作業になります。
 もし、ナンバープレートを交換する必要がある場合(同一管轄外への名義変更)は、その車を陸運局へ乗り入れる必要があります。
 また、同一管轄内でもナンバープレートを交換することはできます。ただし、変更する正当な理由が必要ですので、少し折れ曲がっているとか、錆びてしまっているなどとと言い訳をしてください。それでOKです。
 ナンバープレートを交換する場合は、ナンバープレート代が、通常(ペイント式)で1,500円程度、字光式で3,000円程度お金が必要です。
 陸運局での作業は、次のステップ7で詳しく説明していますが、陸運局へ一度も行った事のない人は、若干不安に思われる方が多いかもしれません。でも、大丈夫です。
 つなぎを着た自動車関係の業者の人がうろうろしていると思いますが、そんなことは、気にする必要はありません。この先の陸運局での手続き作業は、わからなければ「案内人」に聞きながらやれば、あっという間に終了です。
 何も恥じることはありません。陸運局には、必ず案内人のカウンターがあるのでそこで「名義変更手続きはどうすればいいですか?書類は揃っています。」と言えば、後は、言われるがままに手続きがあっという間に終了です。しかし、念のため、この先の手続き方法もしっかり説明しますのでご安心ください。
 陸運局の受付時間は、月〜金曜日のAM10:00〜11:45、PM1:00〜4:00です。(地方によって多少異なるかもしれません。)月末は、非常に混雑していますので急ぎでなければ、月末をさけたほうがいいかもしれません。
 それでは、次のステップ7へ進みましょう!


ステップ7
移転登録申請書と自動車税・自動車取得税申告書の記入と手続き」へ




車庫証明(自動車保管場所証明)を取得する


印鑑証明書を取得する


譲渡証明書の入手と記入の仕方・記入例


委任状の入手と記入の仕方・記入例


車検証と自賠責保険証と自動車納税証明書を用意する


必要書類の確認
陸運局へLet's Go!



移転登録申請書と自動車税・自動車取得税申告書の記入と申請書の手続き方法


簡単無料査定

中古車検索

廃車見積り

バイク買取無料査定

相互リンク | 車庫証明の書き方・申請の仕方 | 激安!お得ショッピング
copyright 2006 naru2-shop. all rights reserved.